Cartoons

スマホで楽しむ

サマナーズウォーはスマートフォンアプリであり、王道のRPGです。フル3Dグラフィックなので躍動感がありとても美しい仕上がりとなっています。サマナーズウォーは無料で遊ぶことができ、さらに装備や強化をすることができます。

Read More

映画版のストーリー

泣けるアニメの代名詞といえるものにドラえもんがあります。通常放映されているドラえもんよりも映画版のドラえもんの方は、泣ける場面も多く、考えさせられるようなこともたくさんあります。

Read More

FFBEの魅力

FFBEでファイナルファンタジー第20弾だということです。FFBEの前作はファイナルファンタジー13‐2になります。ストーリーはファイナルファンタジー13から、三年後が舞台です。

Read More

PSO2の今後

日本国内で人気のあるゲームですが、ゲーム内での武具の強化難易度がとても高いことでも有名です。 ゲーム内の通過も非常に重要で、入手手段が限られていました。現在はRMTというシステムで気軽に楽しくゲームをすることが出来るようになりました。

Read More

FFBEをプレイする

最大のコンテンツとも言えるガチャとキャラクターの意義

今はどのスマホゲームでも主流となっているゲームのコンテンツと言えば、ガチャが最初に連想するでしょう。FFBEでもこの要素は取り入れられると言われており、どのようなアイテムがゲット出来るのかに注目が当たっています。しかし、基本的にFFBEにコレクションのような要素はありません。あくまで先に進んで世界を堪能しながら楽しめる、その一貫として導入されて行く形になります。現在、多くの声が上がっているのがキャラクターのガチャなのですが、これも実物が操作出来ると言うイメージとは少し異なります。物語の中では過去のFFに登場した英雄達を「ビジョン」としており、仮想の媒体から呼び出す形式になっています。このシステムがどのようなものなのか、どこまでの範囲でキャラクターの良さを満喫出来るのかが注目されています。

会話劇やシンプルな演出を楽しんでプレイする方法とコツ

FFBEを楽しくプレイするためには、事前にどのような方法で進めて行くゲームなのか知っておく必要があります。まず、RPGの醍醐味とも言える物語を読み進めて行くのが主な楽しみ方となっています。ですから、序盤にちょっと長くて難しい話を延々と聞かされる事になっても、少し我慢して集中して聞く事が重要です。後になってハッとされられる場面が出てきたり、いわゆる伏線回収のような展開もあり得ます。そして、近年のFFは3D映像による感情表現や動きを多彩に交えた演出が行われていました。ところが、FFBEは原点に立ち帰って2Dのドット絵映像になると言います。細かな動きが見えないからこそ妄想で補完出来る部分があり、その感覚を楽しむ昔の良さを思い出させたいと言う計らいがあります。少し表現が物足りないと感じても、じっくり文章を頭で想像しながらプレイするのがこのゲームのプレイ方法になります。

オススメリンク